Loading...
スマートフォン向けサイトに切り替える
千葉県船橋市のJR津田沼駅徒歩3分にある千葉実績№1の美容鍼サロンハリハダラボ > BLOG > 皮膚の構造①

皮膚の構造①

2016/12/02

いつもご覧頂きありがとうございます。

千葉県 「JR津田沼駅」北口徒歩3分にある鍼灸整体院

「HARI-HADALABO ハリハダラボ 」院長の高橋です^^

 

 

今回は皮膚の構造について何回かに分けてお話ししたいと思います。

皮膚は一言でいっても

いろいろな構造、仕組みでできています。

少しでも皮膚の知識を持って

普段のスキンケアを行うと

いい意味で違った発見があると思います。

ぜひご覧になっていただき

役立てて頂ければと思います。

 

①3段構造

%e7%84%a1%e9%a1%8c

この図を見てお分かりいただけると思いますが、

皮膚は上から

・表皮

・真皮

・皮下組織

と、3段構造になっています。

お顔の皮膚になると

なんと厚さが「2mm」程しかないのです。

 

②皮膚の役割

皮膚の役割はたくさんあり

・外部の刺激(紫外線など)から身を守る生体防御

・身体の健康状態を表す

・喜怒哀楽を表現する

・体温を外へ逃がさないように保持する

など多くの役割を果たしています。

健康状態と関係してくるのは

熱があるときに皮膚が赤くなったり

貧血時に青白くなるなどを表してくれていることを意味しています。

 

③まとめ

本日は皮膚全体の役割や

大まかな構造をお話ししていきました。

3段構造になっているだけでも

初めて聞く方もいたのではないでしょうか。

次回はその3段構造の中身について

お話ししていきます。

ご覧頂きありがとうございました。

 

 

鍼灸整体院 HARI―HADALABO(ハリハダラボ)

千葉県船橋市前原西2-21-9 津田沼第一ビル2F

TEL 047-489-5840

Hari Hada Labo更新情報

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る